A STAR ALLIANCE MEMBER

CHALLENGER
Max
theme001
旅の常識を覆すモノ
このアイデアへのビジネスプロポーズの受付は終了いたしました。

valise

荷物へ最速アクセス、容量最大化、省スペース、立てたまま使うスーツケース。

旅の前、旅の最中、旅の後での荷物に関わる体験が変わる!
valiseは立てて使うことを前提としたスーツケースの提案です。それは誰しもが当たり前の様に使ってきたスーツケースの常識を覆します。
年に何度も旅行に行くような方々や出張の多いビジネスマンに取って、スーツケースの選択が旅の満足度を左右しかねません。例えば、出発直前に何かの詰め忘れに気づけば、もう一度スーツケースを横に倒さなければいけませんし、ただでさえ混雑している空港の手荷物検査場でスーツケースからPCを取り出すのは一苦労です。さらに、そういう人々にとってホテルでの荷物の出し入れは出来るだけ楽にしておきたいものです。そんな思いからvaliseは生まれました。

valiseの特徴① 荷物へのアクセスが格段に速い!

・上面が蓋なので、思いたったらすぐに荷物を出し入れできる。
・背面側にPCやタブレット用スリーブがあり、手荷物検査場で容易に取り出せる。
・上蓋の裏側にも収納があり、パスポートや筆記具、ケーブル類などの小物がすぐに取り出せる。

valiseの特徴② 容量の最大化!

・スーツケースに合わせてモジュール化された仕分け袋を使う事で、荷崩れを抑えながら、無駄なくスペースを使える。
・ハードケースによくある中央の間仕切りが無いので、容積を最大限使え、かさばるものも収納しやすい。
・背面PCスリーブは従来デッドスペースであったハンドル側のスペースを活用するアイデアで、さらにそのポケットはハンドルの支柱に囲われているため電子機器へのダメージを防ぐ。

valiseの特徴③ 場所を取らない!

・スーツケースを横に倒す必要が無いので、荷物の出し入れの際にも場所を取らない。
・機内持ち込み出来るサイズ。万が一、機内で荷物を取り出したい時も不可能では無い。

応援してくださる方へ

スーツケースそのものだけでなく、この提案によって人とモノ(スーツケース、荷物)との関係を再設計することを目指しました。それが新しく心地よい旅体験につながると信じています。
今回の提案ではスーツケースにGPSやモバイルバッテリーを搭載するようなことはしていません。安易に追加された流行の機能は、あっという間に廃れてしまう危険性があり、破損やメンテナンスの頻度も上がってしまいます。結果としてそれらが“お荷物”となってしまうリスクを孕んでいるためです。valiseではスーツケースに求められる基本的な機能を見直すことにフォーカスしています。

このアイデアへのビジネスプロポーズの
受付は終了いたしました。

PAGE TOP

THANK YOU FOR VOTING!

0

valise

CHALLENGER Max

プロジェクトを始める方はコチラ

CHALLENGER’S PORT