A STAR ALLIANCE MEMBER

SHARE

CHALLENGER
Sky
theme002
家で、外で、日本酒をもっと。

遠隔お酌で遠く離れた大切な人との絆を強める新たな日本酒カルチャーの実現

気軽に相手の存在を近くに感じながら絆を深める体験を提供する

大切な人が遠く離れた場所に住んでいて、気軽に会えないことから寂しさを感じている方たちの課題に対するアイデアです。都市への人口集中と地方の高齢化により単身世帯は増え、離れて暮らすふるさとの両親と若者や遠距離恋愛中のカップは関係の希薄化や孤独感を感じています。Telexistence(遠隔存在)技術を活用し、気軽に相手の存在を近くに感じながら絆を深める体験を提供することでこの課題に取り組みます。

私自身が、両親と離れて住んでおり、帰省する機会が限られている中で、父親の退職祝いや敬老の日、父の日などに新しい体験を含んだ親孝行をしたいと考え、本事業を実施したいと考えました。都市部と地元の居酒屋をつなぐことで、地方の活性化にもつながります。テクノロジーと日本酒の楽しみ方を融合させて絆を深める新しいかたちを創出し、日本を活気づけたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=zbehwtfJL4U&feature=youtu.be

遠く離れた大切な人との絆を強めることからスタートしたアイデアですが、日本と海外を遠隔お酌でつなぎ、テクノロジーと融合した新しい日本酒体験として海外に発信することもできます。日本酒と訪日旅行のプロモーションに活用し、今までにリーチできなかった顧客層に日本酒の魅力を伝えることで、インバウンド観光への波及効果も期待されます。遠隔お酌でつないだ双方の場所で、この新しい体験をSNSで拡散していただくことで、同時多発的なプロモーションが可能となります。

居酒屋の複数店舗に当製品を設置し、遠隔お酌サービスを展開することを想定しています。居酒屋チェーンと連携し、販路、実証実験の場、サービス提供の場を確保します。酒蔵と連携すれば生産者と消費者をつないでお酌をするという新たな体験の提供もできます。企業の忘年会で本社と支社をつないだ遠隔忘年会や、日本と海外を遠隔お酌でつなぎ、テクノロジーと融合した日本酒カルチャーを海外に発信することもできます。

居酒屋の市場規模は約1兆円あることから、魅力的な市場であると考えられます。今まで互いに遠く離れていたことにより、一緒に飲みに行くことができなかった家族に、遠隔お酌により一緒に飲みに行く機会を提供できることから、新しい顧客層を開拓することにつながります。テクノロジーと融合した遠隔お酌という革新的な日本酒体験を通して、日本酒の海外展開に新たな翼を授けることもできます。ANAラウンジと海外のSTAR ALLIANCE加盟航空会社のラウンジを遠隔お酌でつないで、日本酒と訪日旅行のプロモーションにご活用いただけますと観光産業への波及効果も見込まれます。

46

PAGE TOP

THANK YOU FOR VOTING!

46

遠隔お酌で遠く離れた大切な人との絆を強める新たな日本酒カルチャーの実現

CHALLENGER Sky

チャレンジャーの方はコチラ

CHALLENGER’S PORT