A STAR ALLIANCE MEMBER

CHALLENGER
株式会社ブルーパドル
theme005
こどもを夢中にさせる新発明!

PARK HUMAN

パパ・ママが遊具になる

パパママが公園の遊具の一部になって、子供と遊べるプロダクトシリーズです。
パパが支柱になるすべり台。パパママがロープを持つブランコ。腕がバスケットゴールになる、アームバスケ。
一部分だけがトリミングされた遊具を、身に着けたり持ったりすることで、「公園人間(
PARK HUMAN)」が完成します。

アイデアの詳細

「1:親子すべり台」
すべり台の「滑る部分」だけのプロダクト。これをパパが腕や肩に装着することで、人間すべり台が完成します。パパが立ったり座ったりすることで、高さの調整ができたり、すべり台の上まで肩車的によじ登ったり、インタラクティブなすべり台になります。

「2:親子鉄棒」
鉄棒の棒の部分だけのプロダクト。大人2人が支柱となって、子供を支える鉄棒になります。プロトタイプで実際に試しましたが、かなり大人側も筋トレになりましたが、小1の子でも鉄棒として遊ぶことができました。

「3:親子ブランコ」
ブランコの紐と台座だけのプロダクト。大人2人が支えてブランコになります。すべり台、鉄棒同様に、公園の遊具の一部をトリミングしたカラフルなデザインにすることで、商品としても魅力的にできます。

「4:アームバスケ」
公園の遊具以外にも、スポーツの設備の一部を人間が担うことで、面白い世界がつくれます。例えば、腕にバスケットゴールをとりつけたアームカバー。腕を丸く手前で囲うことで、即席のバスケットゴールが完成します。子供が投げたら、必ず入るバスケットゴールなど、新しい遊び方をつくることもできます。

「5:人間ダーツ」
ダーツがプリントされたTシャツを着ることで、人間ダーツの完成です。的のデザインは、人体模型のように内臓の形のダーツにして、心臓あたりは点数が高いなど、特長をつけます。ダーツ自体は、ぶつかっても安全なおもちゃのダーツを使用します。

「6:玉入れ帽子」
玉入れの帽子です。バスケやすべり台同様に、パパが高さを調整することで、難易度をいろいろ調整することができます。応用として、輪投げ帽子にも返信できます。

活用イメージ

●原っぱやキャンプなど、遊具がない屋外に簡易的に公園をつくれます
●雨の日の家遊びで
●あえて公園で、すべり台の横に、人間すべり台を並べて遊ぶのも、面白そうです
●自分が遊具になることで、親側も夢中で遊べます。(公園遊びは、けっこう大人は暇で、スマホ見ちゃいますよね)
●自分が遊具になることで、新しい遊びを発明するきっかけになります

プロトタイプ工程

●アイデア出し:2日
●プロトタイプ:1日
●こどもを交えての遊具テスト:1日
●フィードバックを反映して、再設計:1日
●プロダクトシリーズとしてのイメージデザイン:2日
(ここまで完了)
ーーーーーーーー
●商品化に向けた設計
●工場探し
●プロダクト設計
●テスト
●量産体制を整える
●パッケージデザイン:5日
●イメージムービー:5日
●特設サイト:5日
●公開

アイデアにかける思い

遊具の、公園の新しい遊びが再発明されます。こうした新しい遊びの可能性を拡げるプロダクトは、その存在だけで価値があると思っています。すでに成功している遊び(遊具)をトリミングすることで、新しい遊び方を提案できるという考え方は、すごくクールだし、今っぽい発想なのではと思っています。

そして、この案は大きな展開が考えられます。各種遊具・各種スポーツを人間化していくことで、面白いシリーズになります。アワード関係なくても実現したいと思っています。

9

PAGE TOP

THANK YOU FOR VOTING!

9

PARK HUMAN

CHALLENGER sato_nezi

プロジェクトを始める方はコチラ

CHALLENGER’S PORT