A STAR ALLIANCE MEMBER

SHARE

CHALLENGER
hamtonton
theme004
「温泉」の新しい楽しみ方。

光の魚と戯れる

プロジェクションによる水面への映像投影とインタラクション

温泉は、大人であればゆったり過ごすのを楽しめるかもしれませんが、子供にとっては、やや退屈なこともあるかもしれません。
本提案では、プロジェクタを用いて、温泉の水面に魚や他のオブジェクトを投影して動かし、さらに、例えば、投影された魚に触ると逃げていくというように、人と投影映像とのインタラクションを楽しめる仕組みを提案します。

これは、入浴中の時間をもっと楽しむためのアイデアです。
これまでの温泉は、基本的にはつかるという受け身だけのものであり、エンターテインメントが足りていませんでした。
このアイデアは、入浴中の時間に、温泉の水面に生き生きと動く魚やキャラクターを投影させ、つかっている人と連携して動かしてあげることで、入浴中に退屈してしまう人(主に子供)に対して、入浴中に楽しいと思ってもらえるようにします。

実際のやり方

まず、プロジェクタを用意し、温泉の上部から水面に向けて投影します。投影される映像は、プロジェクタと接続されるPCによって制御されます。
水面への投影は、夜か有色の温泉に対して行うことで、はっきりとした画像を投影できます。
映像の中には、魚の泳いでる様子や任意のキャラクターを提示できます(動画参照)。
足湯や水着着用の温泉の場合は、プロジェクタに加えて、kinect等の人間の動きを計測できる機器を用いた動作解析のデータと合わせて、水面に映るオブジェクトと人間がインタラクションをできるようにします。魚の例で言えば、人が投影されている魚に触ると逃げて行ったり、消えたりする、というような魚とりゲームのようなことができるでしょう。
見せられる映像に特に制限がないため、秋の紅葉の季節には、紅葉の葉を投影してあげたり、キャラクターを動かしてあげるなど、バラエティに富む映像を提供できるので、温泉に来る人が飽きることがありません。

動画の説明

動画では、実際にプロジェクタ+PCと入浴剤入りのお風呂を使って、動く魚を投影して見ました。お風呂の中で、赤い鯉たちが動き回り、手から逃げていく様子が見えると思います。
映像を映し出すプログラムの部分さえ作成すれば、他の部分は短期間に設置、実施ができると思われます。

32

PAGE TOP

THANK YOU FOR VOTING!

32

光の魚と戯れる

CHALLENGER hamtonton

チャレンジャーの方はコチラ

CHALLENGER’S PORT