A STAR ALLIANCE MEMBER

リアルより美しく自然に空間へとけこむデジタルアートキャンバス

室内空間にあわせた自分だけのギャラリーを自由に演出できるアートディスプレイ

現在の支援総額
2,000
目標額 1,800,000
1%
サポーター1
あと58
カードかマイルで支援する
CHALLENGER
SNSでサイネージ利用を変える

一昨年 15年勤務しておりました、日本マイクロソフト株式会社を退職し、IT関連ビシネス立上支援のコンサルティングをしております。 その中で韓国LGグループのサイネージディスプレイの販売支援を実施、競合他社との差別化としてSNSと連携するSNSサイネージを企画、企業のSNSマーケティングと連動した新しいSNSサイネージ提案を始めました。

プロジェクトの説明

好きな写真や絵を落ち着ける空間へ飾りたくはないでしょうか?
本当の写真パネルや絵画も趣がありますが、あきやすい私はまた部屋に合う写真や絵画を入れ替えたくなります。デジタルアートキャンバスは好きな写真や動画をインターネットやコンテンツサイトから手ごろな価格で購入して掲載ができます。
Adobe社が提供するAdobe Stockでは30,000以上のコンテンツが1枚500円とかでアーティストのコンテンツが有料でダウンロード販売されており、室内空間にあったコンテンツがたくさん見つかると思います。
ここまでは米国や韓国などでアートディスプレイとセットで提供するビジネスがいくつかあり、最近日本でもディスプレイとアートコンテンツのビジネスを提供する企業が出てきました。
デジタルアートキャンバスは好きな写真や動画を掲載できるだけでなくFacebook、Instagram、YouTubeなどのアカウント、または、ハッシュタグをアプリに登録するだけで掲載できる機能があります。落ち着ける空間の演出から、インタラクティブなインフォメーションボードとしてもご利用いただけるのが特徴です。
専用アプリのスケジュール機能を利用し帰宅後は落ち着けるアートを掲載し、朝の出勤まではFacebook、Instagram、YouTubeを掲載した情報を掲載いただくなどシーンに合わせて自由にコンテンツ掲載が可能です。またGoogleのRSSニュース、天気、時計など掲載用コンテンツをご提供しております。
他社で提供されてるアートディスプレイは一般のモニターでご提供している場合が多く、長時間連続したコンテンツ掲載では液晶の焼き付けなど画面が暗くなる可能性が高いですが、デジタルアートキャンバスはサイネージとして利用できるディスプレイで、液晶の焼き付け防止や発熱対策をしたディスプレイで業務用のサイネージとしてもご利用いただけます。

プロジェクトのきっかけ

マイクロソフト株式会社を退職し、韓国LGグループ製サイネージの国内プロモーション支援の開始、従来のサイネージディスプレイと同様のプロモーションをしながら市場検証をしてきました。
ポスターや掲示板の代りにサイネージを利用提案がほとんどで、サイネージのコンテンツ運用を含めたトータルコストが高額で費用対効果が曖昧になっている状況のお客様が多いと感じ、何か活性化することができないかと考え始めたのがきっかけです。
海外のサイネージ利用を調べ、SNSを利用したサイネージが多い事がわかり、韓国からSNS連携可能なアプリをローカライズしながら国内企業のSNSマーケティング状況を調査、SNSマーケティングとサイネージの提案を始めたところです。

リターン実施までのプロセス

カメラや携帯電話で撮影した写真や動画を掲載したり、お部屋の雰囲気や気分に合わせた写真や絵を自由に掲載いただけます。また好きなアーティストのFacebookやInstagram、YouTubeのコンテンツ情報を掲載することができます。その他にお天気や、最新ニュース、インテリア時計など生活に関する情報アプリも付属しています。朝はニュースやSNSの情報を掲載、帰宅後はお部屋に合わせたアートパーティーやイベントではご家族やお友達の写真・動画を掲載など自由にコンテンツを掲載できるDigital art Canvasです。

・専用Webサイトでの個人用デジタルアートキャンバスの販売を開始
・月末締めでデジタルアートキャンバス販売台数集計
・デジタルアートキャンバス定価の10%をサポーター様リターン費用として集計
・サポート費用の比率に応じてリターン費用の分配

上記を検討しております。
※業務用サイネージは別途相談とさせてください、現状は個人及び個人事業用で考えております

今後の取り組みについて

【写真、動画、絵画コンテンツ提供サイトの設置】
専用ウェブサイトからコンテンツをダウンロード提供またはメールで提供できるよう準備を進めています。アーティストへの支援事業などありますが、Microsoft出身の同僚も多いのでまずは、提供できるコンテンツ集めをいたします。

・Adobe stockとの協業をAdobe社と相談しております
・Adobe社が契約してる、アーティストのコンテンツ提供

ほかに、写真家プロ、アマチュア、Illustratorデザイナーなどオープンに作品提供いただけるようなコンテンツサイトを作りたいと考えております。

・多摩美術大学 学生アーティストからのコンテンツ提供を検討しています
・Webデザインベンダー

【IoTデバイス連携の可能性】
顔認証、性別、年齢など認識し、店舗回遊分析ソリューションの連携やBluetooth接続によるお客様への広告配信などIoTデバイス連携やデバイス開発を検討したい。LINE社開発チームといろいろと検討を始めています。海外ベンダーとの協業SNSマーケティングやサイネージ利用に関する海外ベンダーと協業し最新のマーケティングツールをご提案できるようにしたい。

サポーターの皆様へ

SNSサイネージはこんな可能性があります。

①コンビニ店舗
Instagramを利用し、本部が作ったおでんの宣伝広告を店舗エリアのお客様へ夕方18:00から宣伝(Instagramの広告費用は数千円です)

②旅行代理店
ツアーに行かれたお客様の投稿をInstagramへ投稿をお願い。店頭フロアでSNSサイネージへ掲載、臨場感があり共感を呼ぶプロモーションを実施

③ホテルレストラン
秋のディナ―コースをFacebookで宣伝、ホテルフロアのサイネージへ掲載、SNSツールの翻訳機能を利用して中国語、韓国語、タイ語、英語へ翻訳しフロアで掲載し外国人宿泊者への案内として利用できます

SNS機能とSNSサイネージが連携することで共感を与えるプロモーションが可能になります、私たちは企業マーケティング戦略に合わせて無理のないサイネージ利用をご提案いたします。
サポーターの皆様へ、SNSサイネージの可能性にご共感をいただけましたら、事業支援を賜りたくご協力をお願い申し上げます。

このプロジェクトにアプローチしたい企業・団体の方はこちら
CHALLENGER
SNSでサイネージ利用を変える

一昨年 15年勤務しておりました、日本マイクロソフト株式会社を退職し、IT関連ビシネス立上支援のコンサルティングをしております。 その中で韓国LGグループのサイネージディスプレイの販売支援を実施、競合他社との差別化としてSNSと連携するSNSサイネージを企画、企業のSNSマーケティングと連動した新しいSNSサイネージ提案を始めました。

SUPPORT PLAN

弊社WEBサイトへサポート支援者様 掲載
2,000円

こちらのビジネスにご共感をいただきご支援いただきました支援者のお名前または企業名をご支援者として弊社サイトへ掲載させていただきます。
・弊社サイトでのご支援者様掲載

2019.03.07ごろ お届け予定
サポーター1人
残り 99
ONLINE CONTENT
このプランを選ぶ
20%OFF/ 26.5inch本体 +アプリ1年間付
155,840円

Digital Art Canvas 26.5inch 正方形ディスプレイ本体とFacebook Instagram YouTubeと連携する、専用アプリケーション使用権1年をセットで20%OFFでご提供いたします。
Wi-Fi接続環境が必要となります。専用アプリではFacebook Instagram YouTube社の仕様変更により、同期掲載されない場合もあります。1年後アプリ継続使用料月3,900円が必要です
・Digital Art Canvas® 26.5inch SNS連携ディスプレイ
・専用アプリケーション Cloud Cast® 1年間利用

2019.04.06ごろ お届け予定
サポーター0人
残り 20
JPN ONLY
このプランを選ぶ
20%OFF/ 49inch本体 +アプリ1年間付
235,840円

Digital Art Canvas 49inch 超薄型IPSディスプレイ本体とFacebook Instagram YouTubeと連携する、専用アプリケーション使用権1年をセットで20%OFFでご提供いたします。
Wi-Fi接続環境が必要となります。専用アプリではFacebook Instagram YouTube社の仕様変更により、同期掲載されない場合もあります。1年後アプリ継続使用料月3,900円が必要です
・Digital Art Canvas® 49inch SNS連携ディスプレイ
・用アプリケーション Cloud Cast® 1年間利用

2019.04.06ごろ お届け予定
サポーター0人
残り 5
JPN ONLY
このプランを選ぶ

PAGE TOP

プロジェクトを始める方はコチラ

CHALLENGER’S PORT