A STAR ALLIANCE MEMBER

theme
006
いつもの朝を変えるモノ。

HITORIMO

太陽を感じる香りの窓

現在の支援総額
14,000
目標額 50,000
28%
Ico ca orange
サポーター14
あと42
カードかマイルで支援する
CHALLENGER
Minori

東京大学工学部機械工学科卒業、現在東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻先端表現情報学コース在学中。
テクノロジー・アート・ヒューマニティの垣根をこえた、コンセプトのあるものづくりを目指して活動しています。
趣味は国内旅行。あと6県で47都道府県制覇です。

プロジェクトの説明

気づいたら朝になっていて、気づいたら夜になっている。
ネットを使えばどんな時間にも仕事ができるようになって、 
朝も夜も同じようにメリハリなく時間が流れる、そんな人が増えたのではないでしょうか。 

電気が発明される以前は、日の出と共に活動し日の入りとともに活動をやめる。そんな生活が当たり前でした。
しかし、現代を生きる私たちは、行動しようと思えば朝も昼も関係なく24時間活動することができます。
スマホでSNSを追い続けたり、PCで夜が明けるまで仕事をしたり。
陽の光ではなく、蛍光灯やブルーライトを浴び続けることは、うつ病などとも深い関わりがあると言われています。 

けれど、そう簡単に今の生活スタイルを変えることはできません。

太陽を感じることが少なくなった私たちが、香りで太陽の存在を感じられるようになったら?
日々の生活がもっと素敵なものになるかもしれない。

そんな提案をするのが、日昇と日没にあわせて朝の香りと夜の香りを感じさせてくれるアロマデバイス、HITORIMOです。 
日が昇っている間は気分を明るくする香りを発生させ、日が沈んだあとは気持ちをリラックスさせる香りを発生させます。 昼に使用する香りは先行研究によって集中力や記憶力に関連するとされているローズマリーやレモンなどのブレンドを、夜に使用する香りは脳を活性化しながらリラックス効果をもたらすと先行研究でわかっているラベンダーの香りなどを用いていく予定です。
細かい仕様に関してはまだ決定していない部分もあるため、追って活動報告をさせていただきます。

プロジェクトのきっかけ

中途失明者は、昼夜がわからないことが大きなストレスになる。
そんな話を人にきいたのがこのプロジェクトを発案したきっかけでした。

中途失明者だけでなく、 
現代を生きる私たちも昼夜がわからないことに知らないうちにストレスを感じているのではないか。
当時、五感そのものや、それらが互いに影響しあうことによって生まれる新たな感覚について学んでいた私は、
この問題を香りに着目したデバイスで解決できないだろうかと考えました。

HITORIMOという名前は、平安時代の火取母(ひとりも)と呼ばれる香炉からとっています。

平安時代の日本では、火取母(ひとりも)と呼ばれる香炉の上に着物をかけ、香を焚きしめました。
人々はすだれを隔てて顔を見ることができなくても、
香りで誰が通ったかを知り、思いを巡らせたのです。
このように香りはある出来事や人物を強く思い出させる力があります。

香りで日の昇り沈みを感じることができれば、
窓がなくても、カーテンをしめきっていても、目が見えなくても、
太陽は必ず昇り、沈み、世界が動いていることを思い出すことができます。 

時計はたしかに時間を教えてくれるけれど、それは体感的な実感を伴ったものではありません。
HITORIMOを使用することによってそんなストレスにアプローチできたらと考えております。

リターン実施までのプロセス

現在、プロトタイプの制作から、企業様との連携によって製品化へと進めていくことを目指しております。

また、制作したプロトタイプを老人施設等に設置させていただき、使用の感想などを伺いながらプロトタイプのブラッシュアップを進めてまいります。近日中に伺う予定なので、活動報告に結果を報告いたします。
プロトタイプによる使用感の向上と並行して、商品化に向けて企業様と一緒に取り組めるように
現在お取り組みをお手伝い・アドバイスいただける提携企業さまを調整中です。

開発から製品化までは様々なステップがありますが、応援いただける皆さまにはレポートにてご報告をいたします。
レポートは月1回、3ヶ月を予定しております。

今後の取り組みについて

最終的には、製品化しWEBサイトや店舗にて販売いただけるよう取り組んでまいりたいと考えております。
レポートでご支援くださった皆さまに、嬉しいご報告ができますよう、頑張って取り組んでまいります。 

サポーターの皆様へ

今回、WonderFLYのAWARDを受賞させていただいたことで、クラウドファンディング、製品化への道を歩み始めることになりました。
大学院で研究をしておりますが、実際に社会に向けて製品に取り組む経験は初めてのことで、やりがいと共に様々な発見もあります。皆さまにご支援いただくことで、製品化に向けて取り組んでいきたいと思います。 
ご支援どうぞよろしくお願いいたします!

このプロジェクトにアプローチしたい企業・団体の方はこちら
CHALLENGER
Minori

東京大学工学部機械工学科卒業、現在東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻先端表現情報学コース在学中。
テクノロジー・アート・ヒューマニティの垣根をこえた、コンセプトのあるものづくりを目指して活動しています。
趣味は国内旅行。あと6県で47都道府県制覇です。

SUPPORT PLAN

施設への設置・製品化をめざすレポート
1,000円

3ヶ月間HITORIMOの設置状況・製品化のプロセスについてのレポートを行います。1ヶ月に1度のペースでレポートを配信します。
・レポート配信

2019.03.29ごろ お届け予定
サポーター14人
残り 36
ONLINE CONTENT
このプランを選ぶ

PAGE TOP

プロジェクトを始める方はコチラ

CHALLENGER’S PORT