A STAR ALLIANCE MEMBER

SHARE

theme
003
あなたの日常に防災をプラスする。
このアイデアへのビジネスプロポーズの受付は終了いたしました。

みまもりレシートを広めることで、日常に防災を" + "できる社会へ。

~いつもの買い物に、もしもの備えを~

本プロジェクトは、朝日新聞社のクラウドファンディングA-portとWonderFLYの共同プロジェクトとなります。

A-portとの合算支援総額
502,000
A-portとの合算目標額 500,000
100%
Ico ca orange
サポーター 31
あと0
CHALLENGER
Stitch

みまもりレシートプロジェクトのページをご覧いただきありがとうございます、ステッチです。私たちは社会課題をマーケティングとクリエイティブの力で解決することをミッションとして活動している広告会社です。本プロジェクトを通して、社会にポジティブな影響を与えたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします!

プロジェクトの説明

私たちは防災が重要であると認識しながらも、心の中のどこかで「災害が起きるのはしばらく先か、別の地域だろう」と甘く捉えがちです。ただ、災害はいまこの瞬間に起きるかもしれず、常に防災意識を持っておく必要があります。
「みまもりレシート」は、薄れがちな防災への意識を課題として捉え、防災意識をそっと刺激し、日頃から防災へのこころがけをつくるプロダクトです。
スーパー、コンビニ、タクシー・・・・ 。購買行動が生じる多くの場所でやり取りされる、レシート。
さまざまな場所でやり取りされる一方で、細かい買い物をしたときのレシートなどは、捨ててしまうか、財布の中に入れておいてそのまま、という人が多いのではないでしょうか?一日に何度もやり取りするにも関わらずほとんど有効活用されていません。
「みまもりレシート」はレシートの持っているこの非効率性に着目しました。
普段は使用されていないレシートの裏面を活用し、誰もが行う購買行動を、もしもに備える”ちいさな防災”につなげられないだろうか。そんな想いから企画・開発をしました。
具体的には、裏面にコンテンツ「防災100のコト」を印刷した「感熱紙レジロール(レシート)」を制作します。防災100のコトには、No.1からNo.100まで、防災についていざというときに役立つ知識が、分かりやすいイラストとともに書かれています。
このレシートを購買行動が生じるさまざまな場所に販売。売り手から買い手に「みまもりレシート」を渡してもらうことで、コンテンツの閲覧につなげます。
普段の生活の中で、いつも通りもらうレシートの裏面に防災についてコンテンツが記載されている。その防災コンテンツを閲覧し、頭の片隅に入れておく。それを繰り返すことで、頭の中に防災の知識が浸透する。それを購買行動を行うすべての人々が体験する-------
最初は一枚のレシートの裏面に記載されている、”ちいさな防災”のコンテンツです。それが多くの人々に、多くの回数を重ねて閲覧されることで、”ちいさな防災”が、わたしたちを守る”だいじな防災”になるでしょう。
「みまもりレシート」を通し、毎日の暮らしのそばにありながら続けることで日本全体の防災についても考えていける、そんな防災意識の向上を目指しています。

プロジェクトのきっかけ

災害がどこかで起きるたびに「自分も被災する可能性があるから、何か準備しなきゃな」と思っていました。ただ、具体的にアクションを起こすまでは繋がらず、「まぁ災害が起きるのはしばらく先か、別の地域だろう」と考え、準備を疎かにしてしまっていました。そんな、私たちのようなめんどくさがり屋の人たちに向けて、防災意識をそっと刺激し、こころがけのきっかけになりたいと思い、プロジェクトを考案しました。

リターン実施までのプロセス

私たちは、レジロールを制作する大手メーカーとチームを組み、プロトタイプの制作を行いました。リターン実施の際も、現状のチーム体制で作成を続けていきます。

今後の取り組みについて

プロジェクト成立後の活動は【Step1.認知拡大】【Step2.「シーン別防災」の普及】という2ステップで行っていきます。それぞれのステップについて、ご説明します。
◯Step1.認知拡大
みなさまから支援いただいた資金を元に、まず1000個(数はダミー・目標金額設定後精緻化して変更)のみまもりレシートを制作します。そのレシートを、各企業・地方自治体・商店街などにサンプリングとして配布します。これにより、みまもりレシートを受け取る側・渡す側、それぞれ以下のようなメリットがあります。
・受け取る側のメリット
購買活動を通じて、防災意識を持つことができる。
・渡す側のメリット
日常を通じて防災を意識する試みをしている企業として、CSR活動をアピールできる。
上記のサンプリングを通じて、みまもりレシートの認知を拡大していきます。
◯Step2.「シーン別防災」の普及
認知が高まり、みまもりレシートの導入の機運が高まった段階で、企業や地域ごとのオリジナルみまもりレシートを制作していきます。
例えば、企業であれば経営している業態ごとに、災害が発生したときに、お客様に取ってもらいたい行動は違うはずです。
ex)・百貨店やデパートを経営している企業であれば、ビル内で地震/テロ/火災などが発生したとき
・コンビニを経営している企業であれば、コンビニ内で地震/テロ/火災などが発生したとき
これは企業だけではなく、地域でも同様です。
ex)・広島県内の自治体であれば、土砂災害の予防や被害が発生したとき
このように、全員に画一的に同じような防災の方法を伝えるのではなく、レシートという場所を通じて受け渡しされるメディアの特性を最大限に活かし、「シーン別の防災」という考え方を普及させていきます。

サポーターの皆様へ

自然災害が多い「災害先進国」の日本。
私たちが達成したいのは、災害が発生したときの被害者数を最大限まで減らすことです。そのためには、国民それぞれが高い防災意識を持ち、日頃から災害が起きたときのことを考えておくことが重要であると考えています。
「みまもりレシート」を普及させることで、人々の防災意識を小さなところから変革し、防災意識を高め、災害が発生したときの被害を最小限に食い止めることができると考えています。
毎日の暮らしのそばにあり、もしもに備える小さな防災。「みまもりレシート」で一人ひとりの防災意識を向上させ、災害が起きてしまったとしても、被害が最小限になるような社会を目指します。

CHALLENGER
Stitch

みまもりレシートプロジェクトのページをご覧いただきありがとうございます、ステッチです。私たちは社会課題をマーケティングとクリエイティブの力で解決することをミッションとして活動している広告会社です。本プロジェクトを通して、社会にポジティブな影響を与えたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします!

SUPPORT PLAN

サンキューレターと活動報告メール
1,000円

・サンキューレター
・活動報告メール

2018.04.01ごろ お届け予定
サポーター3人
残り 197
JPN ONLY
募集終了
みまもりレシートバッジ + 1,000円のリターン
3,000円

・サンキューレター
・みまもりレシートバッジ
・活動報告メール

2018.04.01ごろ お届け予定
サポーター3人
残り 97
JPN ONLY
募集終了
みまもりレシート1ロール+ 3,000円のリターン
5,000円

・みまもりレシート1ロール
・みまもりレシートバッジ
・サンキューレター
・活動報告メール

2018.05.01ごろ お届け予定
サポーター4人
残り 96
JPN ONLY
募集終了
みまもりレシート防災勉強会・レセプションパーティ参加券
15,000円

・みまもりレシートを用いた防災勉強会と、ワインバーnigoでのレセプションパーティーの招待券
・みまもりレシート1ロール
・みまもりレシートバッジ
・サンキューレター
・活動報告メール
※防災勉強会&レセプションパーティーの日程は、クラウドファンディング終了後に調整させていただきます。

2018.06.01ごろ お届け予定
サポーター1人
残り 49
JPN ONLY
募集終了
みまもりレシート導入キット + 15,000円のリターン
100,000円

・みまもりレシート10ロールと導入キット
・みまもりレシートを用いた防災勉強会と、ワインバーnigoでのレセプションパーティーの招待券
・みまもりレシートバッジ
・サンキューレター
・活動報告メール
※防災勉強会&レセプションパーティーの日程は、クラウドファンディング終了後に調整させていただきます。

2018.06.01ごろ お届け予定
サポーター3人
残り 47
JPN ONLY
募集終了

PAGE TOP

チャレンジャーの方はコチラ

CHALLENGER’S PORT